燃費を考えてみる:実際のところ
先日、リコールから4年と半年で3本のバッテリーのうち2本がほぼ同時に死にました。
リコールから3本のバッテリーをローテーションで5000km走行しています。残りもう一本もダメと仮定してですが。。。
ちなみにバッテリ充電回数は3本とも56回で、それぞれ最後の点滅時点で充電というサイクルで使っています。

充電コスト:16円/回 × 56×3 = 2688円
バッテリー代:57540円 × 3 = 172620円
合計:175308円

バッテリー込みでガソリン換算してみると。。。
175円/リットル時:1001.8リットル・・・・・4.99km/l
100円/リットル時:1753.1リットル・・・・・2.85km/l
135円/リットル時:1298.6リットル・・・・・3.85km/l

という悲しい結果です。やはりバッテリーの寿命とそのコストが最大の課題ですね。

バッテリーを含まなければ
135円/リットル時:19.9リットル・・・・・251.3km/l
ですが、バッテリー込みのランニングコストのほうが現実的ですね。

燃費を考えてみる

そもそも、ガソリンで動いているのではないので燃費という表現は適切ではないかもしれませんが、ガソリンに置き換えた場合の経済性について見てみたいと思います。バッテリーを消耗品として捉えた場合、約32km/l相当となりだいたい125cc〜250ccクラスの燃費相当ということになります。やはりバッテリーの寿命と容量が今後の一番の課題のようです。(500回で交換すると仮定した場合)
しかしガソリン車の場合は定期的なオイル交換、フィルター交換、バッテリー交換などもありますのでこの辺りも考慮するともう少し改善されますね。

  ガソリン単価 175円/リットル時 ガソリン単価 100円/リットル時
バッテリーを計算に含まない場合 1充電で30km走行、1充電にかかる費用16円(YAMAHA HPによる)として、、、

走行可能な距離は、
30km × 500回 = 15000km

費用は、
16円 × 500回 =8000円

8000円 ÷ 175円 = 45.7リットル

走行距離 ÷ ガソリン使用量換算
15000km ÷ 45.7リットル = 328.2km/l
1充電で30km走行、1充電にかかる費用16円(YAMAHA HPによる)として、、、

走行可能な距離は、
30km × 500回 = 15000km

費用は、
16円 × 500回 =8000円

8000円 ÷ 100円 = 80.0リットル

走行距離 ÷ ガソリン使用量換算
15000km ÷ 80.0リットル = 187.5km/l
バッテリーを計算に含む場合 上記の費用にバッテリー代を足すので

8000円 + 57540円=65540円

65540円 ÷ 175円 = 374.5リットル

走行距離 ÷ ガソリン使用量換算
15000km ÷ 468.1リットル = 32.0km/l
上記の費用にバッテリー代を足すので

8000円 + 57540円=65540円

65540円 ÷ 100円 = 655.4リットル

走行距離 ÷ ガソリン使用量換算
15000km ÷ 655.4リットル = 22.9km/l

コストを考えてみる

バッテリーのライフサイクル(約500回)から考えて15000km走行での経費を考えて見ます。比較対象として4スト 50cc相当のバイクを考えてみました。
やはりEC-02、バッテリーの値段がかなり高いこともありガソリン単価にもよりますが倍近いコストがかかるようです。

  EC-02  ガソリンエンジン50cc相当 
ガソリン単価 175円/リットル時 ガソリン単価 100円/リットル時
コスト バッテリーの値段は57540円

充電が500回として
16円 × 500回 =8000円
燃費60km/lとして、
15000km ÷ 60km/l = 250リットル
250リットル × 175円 = 43750円

オイル交換を3000kmごと行うとして
15000km ÷ 3000km = 5回

オイル1000円/リットルとして
5000円
燃費60km/lとして、
15000km ÷ 60km/l = 250リットル
250リットル × 100円 = 25000円

オイル交換を3000kmごと行うとして
15000km ÷ 3000km = 5回

オイル1000円/リットルとして
5000円
合計 65540円 48750円 30000円

※ガソリンエンジン用バッテリー、YTZ7Sの場合メーカ希望小売価格23520円