メンテナンス箇所

10.8.15 Passol トランスミッション
走行距離は少なめですが、点検を兼ねてトランスミッション周りを分解してみました。

まずはリアホイールを22mmのソケットではずします。この後はサービスマニュアルではリア周り一式をはずして行うよう指示されていますがそのままやってみました。
 カバーをはずすとモーターが見えます。ちなみにトランスミッションはカバー側にくっついています。
ローターの裏側には永久磁石が貼り付けられています。これにワンウェイクラッチが内蔵されています。この永久磁石、思ったよりも薄く磁力もそれほど強い感じがしません。これで走っているわけですからなんだか不思議です。 
 コイル部分。コイルの抵抗はU-V、U-W、V-W相とも1.2Ω前後で良好です。内側には2個シールベアリングがいますがこちらも良好です。
はずしたカバー側についているトランスミッション。遊星ギヤで減速する部分です。こちらもグリス切れも無くスムーズに回り良好でした。
08.11.24 Frホイール周り
Frホイールの周りが少し重いようでしたのでオーバーホールしてみました。気になったのはスピードセンサ側のダストシール部分。ここにグリスとホコリが固まったものが詰まっていました。洗浄液で洗浄後、シリコングリスを塗って組みなおししたところ、回転がとてもスムーズになりました。

故障修理箇所

ガソリンエンジンのバイクと違って、稼動部分が少ないため故障箇所もすくないようです。
13.9.1 ヘッドライトソケット
ヘッドライトバルブの点検のため、ソケットからバルブを取り外そうとしたら金具ごと共回りし、アース線が断線しました。再度ハンダ付けでもいいのですが、熱のかかる部位ですし高温用のハンダは持っていませんのでおとなしくパーツを注文しました。内部の構造を見るとちょっと回り止めの構造が弱いように思います。
13.7.20 スピードセンサー
スピードセンサーのダストシールのリップが切れてしまいましたので交換しました。本来はダストシール部分だけでよいのですが、単品販売されていないのでやむなしです。
11.12.18 バッテリーチャージャー 新品バッテリーを購入し、充電をはじめたとたん「バチッ」と音がしてLED消灯し充電しなくなりました。これで充電器のトラブルは2件目です。
11.12.12 バッテリー 消耗品なので故障ではありませんが。。。
2007年6月にリコールから戻ってきたバッテリーですが4年と半年、3本ローテーションで使用していたため1本あたりの充電回数は50回くらいですが、2本がほぼ同時に死にました。
具体的な症状は充電自体はできますがやや短時間で終わります。ゲージも5つ点灯のフル充電ですが実際の走行距離は4〜8km程度で空になります。フル充電後に診断してみましたが、絶対容量は75〜99%を示しています。
乗れないのは困るので2本新品で注文しました。

使用履歴を見るとこの2本は過去に完全放電(走らなくなるまで)が数回あったのでこの辺りが寿命に影響しているかもしれません。
09.5.4 バッテリーチャージャー
突然充電できなくなりました。内部のヒューズは溶断しておらず、接続コードも断線していません。ハンダ部分を目視しましたがハンダクラックでもなさそうです。YSPに問い合わせたところ、充電器は修理対応しておらず新品購入のみだそうです。。。
充電器:\12600円
07.10.28 ヘルメットホルダー
車体右側からバッテリーを取り外す際にバッテリーの下端をヘルメットホルダーにぶつけて折損。
部品代は1000円行かないので助かりました。

交換はバッテリーを外してシートロックごと取り外して交換できます。